stepbystepkun’s blog

ペット、アウトドア、旅行など自身の身の回りでの出来事を書きます

バリ島へ出発

いよいよこれから出発です。

バリ島へ結婚式参列を口実としたバリ島釣行🐠

憧れのGTに出会えるか?

今からワクワクしてます!

航空会社のカウンターは空いていて、すんなりチェックイン

 

何故かカウンターの人に

“現地にお住まいですか?”

の問い

 

訳が分からず少し間を置いて

“いいえ”

と返すと

“失礼しました”

何でそう思われたのか、チョット訳が分からず

しばらく考えてしまいました。

 

そして今はゲート前で待機中です。

f:id:stepbystepkun:20190601093226j:image

11:00出発予定、この飛行機に乗って行きます。

 

出発ロビーってThe日本って感じのお店が所々見られますネ。

f:id:stepbystepkun:20190601093835j:image

 

f:id:stepbystepkun:20190601093844j:image

 

f:id:stepbystepkun:20190601093941j:image

 

オリンピックの時はどうなるんでしょうね。

もっと派手になるのかな?

 

帰りに到着ロビーをチェックしてみます。

 

オリンピックと言えば、チケット!

最終日に申し込みチャレンジしたのですが、待ち時間なんと1時間⁉︎

 

お酒を飲んでテレビ見ながら待つ事…

 

目が覚めたら、日付けが変わってました(>_<)

 

寝ぼけ目で仕方なく諦め就寝。

 

翌日昼のニュースで12時間の延長を知った時にはもう遅かった。

 

ギリギリで購入しようなんて思うのが甘かった。家族の申し込みが当選するのを期待します。

 

話を旅行に戻しますが、元々呑気な性格なので、釣りの支度以外は前日まで何もしてなくて、何か忘れそうだと思ってたのですが、

しっかり時計を忘れてしまいました。

 

スマホだけが頼りです。

 

でもパスポートと財布はちゃんと持って来たので、問題無いです。

 

初めてのバリ島良い旅にしたいです。

バリ島釣行遠征

いよいよバリ島釣行遠征が目の前に迫ってきました。

あくまで知人の結婚式出席が目的なのですが、私の本当の目的はGTフィッシング釣行!

先日事前打ち合わせと顔合わせと言うことで、錦糸町で今回参加するメンバーと昼食を一緒にしました。

式以外にも観光など打ち合わせたのですが、私には壮大な計画があるので、不参加です。

一人のメンバーに

世界遺産とか興味ないんですか?”

の問いに

”無いことは無いけど、それ以上に重要なミッション”

と答えました。

苦笑いしてましたね・・・

それでも夕食は一緒にしましょうと言うことで誘って頂きました。

そこはもちろん参加です。ただ他のメンバーと違って朝が早いので、飲み過ぎには注意しなくちゃ!

 

ネットで検索して見つけました。

アスティ★バリ 

www.asti-bali.com

 

現地でのプランは次の通りです。

お客様ご利用プラン  ジュクン船 GT / マングローブ

ツアー希望日    2019年 6 月3、4 日

GTフィッシングご利用日数  2日間

参加人数      1  名 

レンタル釣竿     希望する    3,000円です。

数量      1 本 (ルアーはできましたらご自身でご持参下さい)

お一人様の場合    乗合船25.000円 

 

スピードボートという高速船に乗って遠征するプランもあるのですが、95,000円と高額なのでちょっとと言うことで、ジュクンという小さな船です。

 

アウトリガの付いたかわいい船で、足下も狭いのでルアー初心者にはつらいですが、贅沢は言ってられません。

竿はレンタルですが、ルアーは持参します。

お勧めのルアーを紹介してもらったので、参考にしてネットで購入

 

とりあえずこの4種類を購入しました。あとポッパーを追加したいです。

それと日焼け対策

 

 

 日焼け対策品はこれからの時期普段の釣行にも使用できるので、良いのですが、ルアーは今のところ予定がないので、どうしようかな~

メルカリで売っちゃおうかな?

 

まだまだ先だと思っていたら、あっという間にあと2週間ほどです。

他にもいろいろ揃えなければいけないので、頑張ります。

ブログ再開から

こんにちは、お久しぶりです。
大分サボっちゃいました。

自分なりに一生懸命続けてきたのですが、正直かなり負担になってしまいました。

なので、思いっきりサボってちょっと今後どうするか考えてみました。

大分リフレッシュ出来ました。

この間の連休では会社の仲間と釣りに出かけました。

茨城県鹿島市鹿島港魚釣園

kashimakou-uotsurien.com県営で料金が200円ととっても良心的

近くの方は是非訪れてみて下さい。

お子さん連れでも安心して釣りを楽しめます。

f:id:stepbystepkun:20190511034838j:plain

5月の3日に行ってきました。

天気が良くて最高の釣り日和で写真を見てもらえれば分かるとおり大盛況です。

が・・・

全く釣れません(^^;)

私たちだけでなく、周りも釣れてないのです。

ルアー・投げ・サビキどれもこれも不発

2時間ぐらいであきらめて他のポイント(港)にも行ったのですが、どこも不発

天気が良いので、釣果とのギャップがとても悲しい

会社の仲間と出るのはため息ばかりです。

そのまま何事もなく一日を終えてしまいました。

 

でブログの継続について話を戻しますが、

毎日の更新はやはり厳しいので、週1~2回を目指して行こうと思います。

自分の目的はブログで収入を得ることが目的ですから、そこに特化していきます。

 

で早速

フリマの森という物販方法をご紹介します。

メルカリで不要品やハンドメイド商品を販売するノウハウを教えてくれるサイトです。

もちろん有料なのですが、ホントに簡単に稼げます。

マーケットリサーチ・出品方法・写真撮影・ハンドメイド・仕入れ先等々

全て公開してくれるので、何も悩む必要がありません。

お小遣い程度であれば、隙間時間で十分稼げます。

もちろん、その気になればなるだけ稼げます。

私も参加しようと思いますので、結果報告しますね。

https://www.frm7.com/af/img/LINE1.jpg

フリマの森

www.frm7.com

安全帯→墜落制止用器具

安全帯が「墜落制止用器具」に変更されます。

安全帯って聞いたことありませんか?

実は私が働いている会社は建設業と深い関わり合いがあります。

建設機械というものにあまりなじみが無いと思いますが、其の機械を整備する会社で働いています。

でこの機械というのはとても大きくて、壊れたからと言って簡単には運べないものです。ですから、修理する人間がその場所に行って修理を行うことが、日常的にあります。

その時、とても高い位置(高所)での修理を行うことがあり、その時に使用するのが、安全帯というものです。要は命綱です。

私たち修理会社はその時だけの使用ですが、建設業の方は高所で働くときは常にこれを着用しています。

 

高いところから足を踏み外した場合、転落して、ケガ場合によっては死亡してしまうこともあるので、それを防止するために着用します。

 

法改正

 

www.mhlw.go.jp

その安全帯が、今年法改正によりハーネス型というものに原則変更されます。

そして名称が冒頭の見出しにある「墜落制止用器具」に変わります。

従来の安全帯というのは腰巻ベルトに命綱が付いているものでした。

 

なので、万が一の際、腰骨に負担が集中してしまい、体にダメージが出ることもあったようです。これを改善したものが、ハーネス型です。

ハーネス型は体全体に力が分散されるようベルトが胴体全体にあり、その背中部分に命綱を取り付けるようになっています。

 

そしてこの「墜落制止用器具」を使用するに当たり特別教育の受講が必要になりました。

内容を確認したことはありませんが、今回の趣旨と従来での不具合それに対応する今回の変更点・利点・必要性の説明といったところでしょうか。

作業される方の安全を確保するものですから、きちんと使用しないといけませんね。

 

ちなみに私はこのフルハーネス仕事以外でも使用してました。

f:id:stepbystepkun:20190331110932j:plain

マカオです…

 

和牛人気

和牛の価格高騰

和牛が世界的に人気なんですね。

ここ数年で和牛の価格が高騰しているそうです。

畜産農家の減少が根底にはあるそうですが、訪日外国人向けの高級店向けの需要と海外への輸出が増えているということも背景にあるとのこと。

 「牛 シルエット フリー 素材」の画像検索結果

そういうこともあって、和牛の海外流出が問題になっている記事が先日の新聞記事にありました。

和牛遺伝子流出

和牛の精子・受精卵を海外(中国)に持ち出そうとしたところを逮捕された牧場経営者ということでした。

ただしこの容疑というのは、和牛の精子・受精卵の不正輸出ということではなく、『家畜伝染病予防法違反』という容疑になります。

そもそも、和牛の遺伝子を持ち出すことを禁止する法律はないそうです。

なので、仕方なく、ちゃんと検疫を受けないで輸出しましたね、ということでの逮捕になります。もし、きちんと検疫を受けていたら、法律上は止める術が今はないということのようです。

 

これは困りますね。日本の酪農家が競争力を失いかねない重大な問題として、政府は対策を検討しているようですが、早急な対応が求められます。

 

肉の好み

ちなみに私はどちらかと言えば脂身の少ない赤身が好きです。

本来外国の方の好みも私と同じ赤身好きなはずなのですが、最近の日本食ブームの影響もあるのでしょう、刺しの入ったお肉も好まれるようですね。

確かに口に入れた瞬間とろけるようなあの感覚を味わえば、止められなくなりますね。

もちろん私も嫌いではありません。

ただ肉をがっつりと行くという意味では、その歯ごたえと肉のうまみを味わう事ができる赤身と言うことになります。

 

こらからも日本の美味しいお肉が食べられるよう願います。

 

自動運転

車の自動運転化が進んでますね。関連画像

自動運転にはレベルがあり、現在のように人間が運転する状態のレベル0から完全自動化となるレベル5までがあります。

段階 名称 主体 走行領域
0 運転自動化なし
1 運転支援 限定的
2 部分運転自動化 限定的
3 条件付き運転自動化 限定的
4 高度運転自動化 限定的
5 完全運転自動化

限定なし

レベル1

アクセルとブレーキ操作による「前後」(加速・減速)、もしくは、ハンドル操作による「左右」、のどちらかの監視・対応をシステム側が担います。

 

レベル2

「前後」と「左右」の監視・対応の両方をシステム側が担います。レベル2までは運転手がシステムを常に監督する必要があり、自動運転の主体は「人」ということになります。

 

レベル3

レベル3は簡単に言うと、全ての自動運転をシステム側が行うものの、緊急時には運転手が運転操作を担うという状態のことを指します。レベル2との大きな違いは、原則的にはシステム側の責任において全ての自動運転が行われるという点です。

 

レベル4

レベル4の特徴は、レベル3とは違って緊急時にも運転手が対応せず、全てシステム側が自動運転の主体として責任を持つことにあります。つまり運転手は運転操作に参加することは想定されていません。ただ、レベル4の定義はあくまで「限定エリア内」です。

 

レベル5

レベル5は運転手を必要とせず、走行エリアも限定されずにどんな場所の道路でも自動運転で走行が可能な状態のことを言います。

完全な自動化でハンドルやアクセルなども必要なくなります。

 

現在各メーカーはレベル2~3の実用化段階です。

あくまで目標は完全自動化でしょうから、これから様々な技術革新が行われることでしょう。

 

とても夢のあるお話ですが、そうなると運転免許も必要なくなり、運転する楽しみというのは限定的になってしまうのでしょうね。

どの位先の事か分かりませんが、その時はバーチャルだけって事もあるのかも知れませんね。

 

いや~私には想像もつきません。

 

町内会

来年度から町内会の役員になります。

この町内に越してきて14年になりますが、2度目の役員です。

最初は何年前だったかな?ほんの数年前で、会長をやりました。

ãçºåä¼ã¤ã¡ã¼ã¸åçãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

この町内会はとても小さく30世帯くらいです。で、そのうちの半数以上がかなり高齢でお子さんたちも独立さえれていて、お年寄りだけで生活されている方がとても多いのです。

また、ご病気で家を空けている方もいらっしゃいます。

この町内会の規定で80歳以上は役員が免除です。ごく妥当な規定だと思います。

私も80歳になってそんなことはしたくないし、たぶん出来ないでしょうね。

 

そんなんで、非常に短いサイクルで回ってきます。

町会の集会のたびに、高齢化による役員不足の話題が出て、議論するのですが、結局は結論が出ず、先送りにされます。

前回かろうじて決まったのは、世帯主が役員をやるのではなく世帯単位でやってもらうということ。

つまり、その世帯に成人の子供がいれば、その方にも役員をやってもらうということです。これも、妥当なことだと思いますが、ほんの数世帯しかなく、根本的な解決にはなっていません。

現在出ている話は、

・近くの他の町内会に入れてもらう。

・お金を払ってある程度特定の方に役員を継続してもらう。

・外部に委託する

が大きな議案となっています。

話し合いの頻度が少ないこともあり、その中身がきちんと整理されていないので、話題になるだけで、どうするかまで話は進みません。

今回役員になってしまい、この点を煮詰めていかなければいけないので、とても気が重いです。

ただ今回経理担当なので、そういう意味では少し気が楽ですがどうなることやら。

外部委託という話は町内会の方が、テレビか何かで知ったらしく、そういうことを請け負ってくれる会社があるということなのです。

 

今度時間を見つけて調べてみたいと思います。